満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 空襲連と国会議員が対話

<<   作成日時 : 2012/02/14 07:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

元軍人のような補償がない空襲被害者の援護法案作りを進めている「全国空襲被害者連絡協議会」(空襲連)と国会議員の対話集会が13日、衆議院第二議員会館であり、「一日も早く援護法を」と求める声が相次いだ。(東京新聞14日付「都心」版)

画像
 名古屋空襲で左目を失った杉山千佐子さん892)が「家を無くし、体の一部を無くした戦災被害者は70年近く地獄の道を歩いた。国家補償を」と要望。空襲連の会合に初めて出席した鳩山邦夫元総務相は「ぜひやらなければならない。大変大きな仕事だ」と語った。

 衆議院法制局の担当者が、予算規模をつかむため、救済される見通しの被害者数を算出すると説明。空襲被害者援護法(仮称)を実現する議員連盟の高井崇志事務局長は「法案が通るよう全力を挙げる」と述べた。


】しんぶん「赤旗」も報道⇒
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空襲連と国会議員が対話 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる