満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 日独の大空襲被災者交流

<<   作成日時 : 2012/02/14 11:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

速報ー【ドレスデン共同】第2次大戦末期に英空軍中心の連合国軍のじゅうたん爆撃で廃墟となり、約2万5千人が死亡したドイツ東部ドレスデンで、空襲から67年を迎えた13日、追悼式典が行われた。

画像
    独ドレスデンで追悼式典
 
 今回は東京大空襲の被災者らも参加。自らの体験を語るなどして平和の尊さを訴えた。

 東京の市民団体が企画、東京や大阪から14人が参加した。8歳の時に東京大空襲を経験した二瓶治代さん(759は市内の教会で約100人を前に講演。爆弾の熱風で吹き飛ばされ、気付くと折り重なった死体の下にいたことなど当時の様子を生々しく語った。


 二瓶さんは、「戦争だけは絶対やってはいけない。言葉の壁や国境を越え平和への願いを一つにしたい」と呼びかけた。ドレスデン空襲の生存者ノラ・ラングさん(80)は「こうした交流は重要。二瓶さんの話に感動した」と話した。
 
 一行はその後、手をつないでドレスデン中心部を囲み平和を祈る「人間の鎖」に加わった。DPA通信によると、人間の鎖には1万5千人が参加した。(東京新聞・2月15日付「都心版」)


写真】13日、ドイツドレスデンで、「人間の鎖」に加わる二瓶治代さん(右から3人目)(共同)   

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日独の大空襲被災者交流 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる