北の大地から 永井和子詩⑧

「北の大地から」写真・さとうつねお、詩・永井和子ページ24~25(豊平館=北海道・札幌市)

画像
   壊された風景

子どもだった頃
秘密の場所だった 白い西洋館
投げたテニスボールのように
はずんだあの子の笑い声
とおりすぎた戦争に壊された板壁
つたかづらが残っていた

子どもだった頃
幼い恋だった 黄色い飾り窓
編んだおさげ髪がゆれて
とぎれたあの子のさよなら
とおりすぎた戦争に奪われた青春
つたかづらが茂っていた

子どもだった頃
たいせつな絵だった 古い西洋館
投げたボール ちいさな恋
消えたあの子の笑い声
とおりすぎた戦争に消された生命(いのち)
つたかづらが赤かった

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント