満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 北の大地から 永井和子詩M

<<   作成日時 : 2012/03/26 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「北の大地から」写真・さとうつねお、詩・永井和子。ページ44〜45(大雪湖畔の自然林ー北海道・上川町)

画像
 春を待つ

やがて樹々の葉の黄金色に地をおおい
そのうえに銀色の雪がふる
熟れた木の実を土に貯えて
やさしく銀色の雪がふる
夏の思い出と雪のぬくもりにつつまれて
ねむる大地 ねむる とりやけものたち
春を待ちながら

より美しいもの造るために
より豊かなくらし造るために
人は、自然にたちむかってきたけれど
ときには大地につつまれるやすらぎを
思い出してほしい

より新しいものを造るために
より快いくらし造るために
人は何かを壊してきたけれど
ときには とりやけものたちの営みを
みつめなおしてほしい

黄金色の山と銀色の雪と
冬のねむりと春を待つ憧れを

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北の大地から 永井和子詩M 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる