「一口健康メモ」 菊地頌子さん

「NPO法人高齢者が住みよいまちづくりの会」発行のしんぶん・「ふくわらい」三月号。毎回2面に「一口健康メモ」とのテーマで江東区の元保健師・菊池頌子さんが執筆し好評です。今回は「脚の筋力をアップし、転倒、骨折の予防を」です。 

画像
 福祉会館の利用者の方に万歩計をつけて頂き公園を往復したところ、同じ道なのに2000歩以上も差が出た人がいました。理由はずり足で歩くので万歩計がカウントしなかったのです。
 自分ではしっかり歩いているつもりでも、大腿部を使って足を持ち上げていないためにずり足になって少しの段差でも転びやすくなるのが高齢期です。
 「ふくわらいの会」で販売している「筋トレ昇降台」等を使って、家の中でもできる足踏みの運動を毎日30回、数回繰り返し(危ないと思ったらテーブルなどにつかまって)行って頂ければと思います。

 冬期は着ぶくれも転倒の原因になります。重ね着も注意しましょう。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント