満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄復帰40年 苦悩、悲しみ、今も

<<   作成日時 : 2012/05/15 06:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京新聞の読者に月に一度送られてくるタブロイド判(16頁)の小紙がある。名称は「暮すめいと」。文字通り日々の暮らしに役立つ爽やかのなかにも「オッ」と驚くような話題、ニュースが満載されている。今月・5月号の中で「沖縄復帰40年」の記事に目が止まった。多くの人に読んでもらいたいので転載する。

▼1972年5月15日の東京新聞朝刊1面
画像
     同法の苦悩、悲しみ 今も
  沖縄復帰40年、本土並み名ばかり
 
 
 日本の敗戦後、米国の施政権下にあった沖縄が日本に復帰して5月15日で40年。「沖縄が復帰しない限り戦後は終わらない」と復帰に政治生命をかけた佐藤栄作首相は、後に非核政策などによりノーベル平和賞を受けた。しかし、「核抜き本土並み」とされた復帰は名ばかり。その後も沖縄は米国のアジア、中東への一大戦略拠点に使われ、犠牲を強いられ続けている。

 1972(昭和47)年5月15日、沖縄の日本復帰を記念する式典が東京と那覇でも催された。
 舞台に大きな日の丸がデザインされた日本武道館で、感無量の面持ちの佐藤首相は沖縄県民の苦労をねぎらった後、「豊かな沖縄県づくりに全力を尽くす」と式辞を述べた。

 一方、那覇市民会館では屋良朝苗初代知事が「県民の心情には基地問題など願望が満たされないものがある」と、複雑な思いを口にした。
 この日、県内ではドルから円への通貨の切り替えも行われ、県民は戸惑いながら新生活にスタートを切った。七月末の車の右側から左側通行への変更準備も急ピッチで行われていた。
 佐藤首相が戦後の首相として初めて沖縄を訪れ、「沖縄が復帰しない限り・・・」と呼びかけ、人々を感激させたのはその7年前である。


画像
 県民の4人に1人が亡くなった沖縄戦と敗戦から20年。52(昭和27)年に日本が主権を回復した後も沖縄は米国の占領下に置かれ、朝鮮戦争、ベトナム戦争などを通じ、核兵器も貯蔵する米軍の「基地の島」と化していた。
 予備交渉中の69年3月、佐藤首相は参議院予算委員会で「沖縄返還は核抜き本土並み」と表明、11月にワシントンでニクソン大統領と会談し、「72年返還」を共同声明でうたった。

 しかし、その裏には後年、アメリカの公文書公開、首相の密使を務めた若泉敬京都産業大学教授の著書などで明らかになった数々の疑惑が隠されていた。 


画像
 「核抜き」とは、貯蔵された核は撤去するが、緊急時には持ち込み、日米安保条約に基づく事前協議で日本政府は基本的には同意することとなっていた。毎日新聞の西山太吉記者(運命の人のモデル)がスクープしたのに対し、政府は否定して西山記者を国家公務員法違反で告発した米軍用基地返還に伴う密約(復旧費の日本側肩代わり)も事実だった。

 加えて、安保条約の地位協定に基づき、米軍関係者が起こした犯罪の優先捜査、裁判権は米軍に握られたまま。95年に小学6年の少女が3人の米兵に暴行された事件でも、日本側は捜査を阻まれた。


 「復帰の日」は、沖縄では「屈辱の日」ともされる。


 日本国憲法の下での平和な暮らしを願い、復帰を待ったのに、ふたを開けたら面積で日本全土の0.6%、人口で1%の沖縄が、日本にある米軍施設の74%を押し付けられることになった。鳩山由紀夫元首相が「最低でも県外へ」と公言した普天間基地の移設問題にも、本土の人間は見て見ぬふりをしている。

画像
 名古屋に住む写真家の浅見裕子さんは、少女暴行事件をきっかけに沖縄の現実と向き合い、16年間にわたりカメラで記録してきた。
 浅見さんは言う。「基地の金網は住民を排除し、囲い込むように張り巡らされている。そんな中で人々は暮す。日本、特に本土の平和は、沖縄県民の犠牲で守られているのです。その人たちに、いつまで我慢しろと言うのですか」
 そして、危険は地元に負わせ、多くの人は遠く離れて利益だけを享受するという構図に原発問題を重ねる。

 
 復帰40年。沖縄はいま、同胞の痛みを共有しようとしない本土の日本人と日本という組織に、根源的な問いを突き付けている。 (岩崎建弥)

画像
    いまもその島は  永井和子

昔その島は
日本の最後の盾だった
数百万の銃火に盾は破れた
海のようにあふれた血潮に
染まるぼろも残らぬほど

昔その島は
日本の最初の踏み石だった
文字通り石はふみにじられた
ひそかに流された血も泥に汚れ
空までどす黒くかげるほど


画像
いまもその島は
日本の恥かしい捨て子だ
新しい人殺しの道具も
人間を虫のように扱う方法も
平気で人の国を盗みにいく兵士たちも
まっさきに持ちこまれる


  <プロフイール>
永井和子(ながい・かずこ)
1934年大阪生まれ。1957年慶応大学文学部卒。現詩人会議会員。日本の歴史を学ぶなかで沖縄を発見、以後沖縄を中心に詩を創りつづける。著書に『沖縄詩集』『続沖縄詩集』など多数。自ら沖縄は第二の「ふるさと」という。

【リンク】http://www.nagai-yoshi.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄復帰40年 苦悩、悲しみ、今も 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる