満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKの「知られざる空襲」を見て

<<   作成日時 : 2012/05/30 10:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月25日は「山の手大空襲」の日。NHKはこの日を記念して、夜7時半から表記の題名で空襲関連番組を放映した。29日は横浜大空襲。それから日本全土は終戦まで悲惨な無差別空襲が続いて行った。東京大空襲犠牲者遺族会事務局長の牛山れい子さんから次のようなメールが寄せられた。

画像
     どんなことでも見逃さない
 
 「知られざる空襲」を見ました。「戦争の目が表れたらその目を、一つ一つプツンプツンとつぶしていくことですね」と半藤一利さんが言っていましたが、すべてのアンテナ(触覚)を働かして、どんなに小さなことでも見逃さない敏感さをもたなければ・・・。やることは、たくさんありますね。
 
 今年の空襲の報道は、新しい写真が発見されたこともあって、東京の下町だけでなく、横浜も含めて広い範囲の空襲が取り上げられています。これが全国の空襲(60数か所)に広がっていくといいと思います。


画像
【注】番組の途中でキャスターが寄せられているメールを読み上げた。「これはれっきとした戦争犯罪ですよ」「そばで体験したおばあちゃんが泣いています」「このことは決して忘れてはいけない」「日本政府の無能ぶりは今も同じだ」「二度と繰り返してはいけない。この番組は貴重だ。これからしっかり検証していくべきだ」などなど・・・。300通を超えたという。

【追記】このNHKの放送は大きな反響をもたらした。31日付新聞「テレビ欄」に寄せられた感想文を・・・。
   
   米無差別空襲と政府の責任を問う
 
 NHKテレビ25日「特報首都圏〜知られざる空襲」。紹介された米陸軍資料によれば、日本本土空襲の2年前に、その準備がなされていたという。しかも、、その標的は軍事施設だけではなく、日本全土180都市の市街地。そして実際に空襲を受けたのは65都市だった。
 東京で被災し、甲府市に疎開した私の一家もまた、同市(7月)でやられた。非人間的な無差別爆撃と、ポツダム宣言の受諾をいたずらに引き延ばした日本政府の責任を問う。(しんぶん「赤旗」みんなのアンテナー東京・練馬区・佐藤明 80歳)

   ◆「特報首都圏」 25日・NHK
 
 ポツダム宣言受諾をめぐる日本の優柔不断な態度が、更なる悲劇を招いた実態を紹介。やり切れない悲しみに打たれた。米軍による不必要な追いうち空襲・・・。勇んだ“真珠湾奇襲”から、戦争を終結させるまでの困難さを思い知らされ、残虐非道の戦争を心底から憎む。(東京新聞「テレビ反響欄ー川崎市・大塚康孝63・自由業)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHKの「知られざる空襲」を見て 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる