満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ふくわらい」の会 7月号

<<   作成日時 : 2012/07/23 05:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江東区のNPO法人「高齢者がすみよいまちづくりの会」のしんぶん7月号(NO41)が発行されました。今号の一面はトップに深川・千田の高齢者施設への訪問記とコラム「孫の手」である。今号よりこのコラムは編集委員が回り番で執筆することになり、今回は山本のり子さんです。

▼松戸の都立八柱霊園
画像
  <孫の手>  安住(?)の血は
 
 お盆になると目に浮かぶ風景です。「天国にいる人はこの焚き木が目印になってお盆の間だけ家に戻ってくるのよ」という母と、父の迎え火を囲みました。死んだ人は天国にいるんだと信じていた幼いころ。静かな夜の空気を懐かしく思い出します▼その父が眠る墓が昨年の地震の影響か、石囲いが壊れたと弟から連絡がありました。母が建て、年数をかけこつこつ立派にしてきました。子どもを育て上げ、墓も造ったことで、母は満足だったのでしょう▼しかし、修繕するにしても子どものいない弟夫婦はこれから先、墓をどうするのか懸念しています。いつかは無縁墓になってしまうと▼空や海に灰を撒く、桜の木の下に灰を埋める、みんなで入る共同墓地などお墓事情は最近いろいろ。墓の電話勧誘も多いようです▼核家族時代の昨今、まだ先のことでしょうが「安住(?)の地」のことも考えなくてはいけないようです。(

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ふくわらい」の会 7月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる