満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 空襲被害者 被災者と連帯

<<   作成日時 : 2012/08/12 16:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先に本ブログでもご案内しました「3・11東日本大震災、福島第一原発と東京大空襲」を主題とした集会が昨日、福島県郡山市で開かれました。その模様を東京新聞が12日の朝刊・社会面で大きく報道しています。以下コピーで紹介します。

▼写真をかざして話す中山武敏弁護士=写真「空襲連」提供
画像
 東日本大震災から一年五カ月の十一日、空襲被害者の援護法制定を求めている全国空襲被害者連絡協議会のメンバーが福島県郡山市を訪ね、「郡山地域の戦争と平和を考える会」との集会「3・11東日本大震災、福島第一原発と東京大空襲」を開いた。戦争と原発という国策に翻弄され、受忍を強いられて」きた被害者たちが、初めて交流を深めた。 (リード)

郡山空襲】1945(昭和20)年3月10日の東京大空襲など大都市への無差別爆撃に続き、米軍は全国の中小都市も目標とした。郡山地域の戦争と平和を考える会によると、郡山市では同年4月12日、航空機のガソリン添加剤を作っていた化学工場などへの攻撃で460人が死亡。7月29日には2発の模擬原爆で39人が犠牲になった。8月9、10日にも艦載機の機銃掃射などで29人が死亡した。

画像
画像










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空襲被害者 被災者と連帯 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる