満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ふくわらい」’12年8月号

<<   作成日時 : 2012/08/25 05:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

8月号の三回目、二面の紹介になります。終戦の月にちなんで、私・永井至正の投稿「昭和っ子 平和を思う」とシリーズ菊地頌子さんの「健康一口メモ」、それと「みんなの広場」です。

画像
 「若い時のように喉は渇かない」と話す人がたくさんいますが、日頃不活発な高齢者の方は水分の摂取量が少なく、7、8月の間にじわっと脱水症状になって血液がドロドロになり、9月になると脳梗塞や認知症になる人が急増します。
 飲みたくなくても500CCのペットボトル3本を目安に、毎日摂るようにしましょう。
 それから冷たい食物が多くなって胃腸が疲れてきています。高齢になると胃酸の分泌も低下し消化力も弱るので、暖かい飲み物や食物にそろそろ切り替えましょう。
 サラダの野菜は細かくきざんで少量、野菜は煮物にした方がよいですね。



画像
      昭和っ子 平和をおもう
 
 「本日をもって本校を一時閉校とする。再会を望む」と校長が戦言した。1945(昭和20)年8月10日。旧満州(現中国東北部)の新京(現長春)第一中学校の講堂でのこと。僕は1年生、13歳だった。
 前日のソ連参戦で新京市内は大混乱。ソ連機来襲で空襲警報が鳴っている最中だった。すぐさま友人と新京駅に駆け込んだ。続々と南下する無蓋貨車は関東軍とその家族でいっぱい。完全武装の兵隊が退却しているのだ。
 
 当時、満鉄・新京駅の助役をしていた長兄から後で聞いた話だが、憲兵が拳銃をかざして「軍の関係者を最優先で転進(退却)させろ。他はどうでもいい」ということだった。その結果、ソ満国境に取り残されていた満蒙開拓団員、一般民間人が惨たんたる状況に追い込まれたことは知られている。

画像
 四兄はシベリアに連れ去られ、五兄は神風特別攻撃隊の一員としてフイリピンで戦死。学徒出陣、21歳だった。「だれのためでもない、お前たちのため、故郷の山河を守るために俺は行く、これしかないんだ、後を頼む」と遺書を残した。

 あれから67年。傘寿を迎え残り少なくなった今、戦争体験を語り継ぐ想いは、これまでも、これからも変わることなく、いっそう高めなければと希うばかり


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ふくわらい」’12年8月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる