ラザフォード 物理学者

ラザフォード(1871~1937)8月30日、この日生まれたイギリスの実験物理学者。放射線物質を研究し、α、β、γ線を発見、また原子核の存在を確認し、原子模型を示した。(岩波新書・「一日一言」-人類の知恵ー桑原武夫編)

画像
 物理学の進歩の速さをながめて、私は、自然にかんするわれわれの知識をひろめる科学的方法の力づよさに、ますます感銘するようになった。実験というものが、一個人の、あるいはさらにいいことには、さまざまな心的傾向の個人たちの集まりの、訓練された想像力によって導かれるとき、それは最大の哲学者の単独の想像力をもはるかにしのぐ結果に到達することができるのだ。・・・・・・ときおり、蓄積された知識をふまえた、電光のごとく光る着想が生じ、一そう広い領域に照らしだし、個々人の諸努力のあいだの関連を示す。かくてその後に全般的な前進が続くのである。(S・A・イーブ著『ラザフォード卿の生涯と書簡』)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント