満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 12年10月 江東オンブズマン 

<<   作成日時 : 2012/10/06 07:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江東区民オンブズマンの会の機関紙、10月号が発行されました。一面は政務調査費問題。自治法改正にともなう問題点について議長、区長への申し入れが大書されています。加えていつも軽妙なタッチで書かれている下欄の「声」を紹介しましょう。

画像
    民・自・公など、使途自由化狙う
 
 区民オンブズマンの会は1日、山崎江東区長に政務調査費問題の申し入れを行いました。国会で自治法の一部が改正され、政調費が「何にでも使える」という「使途の自由化」をねらうもので、民・自・公などの賛成で8月に成立していました。
 また、この間区議会各会派の領収書のチエックなどで分かった違法支出等を踏まえ、改善を要望したものです。
 区長への申し入れの第一は、法改正に合わせて議会の使途基準緩和をするな。第二に、パソコン等の高価なOA機器は毎年購入する等の実態があり総量規制を求めています。また、政調費をチエックする第三者機関の設置。さらに、議会事務局の適正なチエックなども求めています。
 議長に対しても同趣旨の申し入れで、今後の対応が注目されます。


画像
 【声】
 
 「油断も隙もあったもんじゃない」と言って怒っていた友人がいたが、区長会の宝くじ収益金の横流しの話だ▼一部報道で東京23区の区長会が、石原知事の2020年のオリンピック招致運動に乗って、本来区民福祉の増進に使う宝くじ(サマージャンボ)の配分金10億円を勝手に招致運動のPRに使ったり、うち2億7千万円を五輪招致委員会に寄付するという▼国もそうだが、どこの区も財政難で大変だといって、区民館の使用料や手数料まで値上げ、区民の福祉を削ってきた▼招致運動は盛り上がりを欠き、石原知事は区長会にハッパをかけて収益金を横取りした形。都の招致予算はごっそり減らしていた。はずれ券を前に「トホホ・・・」。 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
12年10月 江東オンブズマン  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる