満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS ’12年11月号 「ふくわらい」

<<   作成日時 : 2012/11/20 06:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回に引き続き「ふくわらいの会」しんぶん11月号の二面です。恒例の菊地頌子さんのシリーズI・「一口健康メモ」。高齢者集会のシンポジウム・「老いても安心して暮らせるまちづくり」のパネラーとして参加した中村美智子さんが会場で発言した内容を含む「みんなの広場」です。

▼分科会・「老いても安心してくらせるまちづくり」
画像
      <みんなの広場>
    ー介護は突然やってくるー

 
 「介護は突然やってくる」「肩に掛かる膨大なお金の問題」について発言しました。中村さんは数年前から母を看てくれた妹が脳梗塞で倒れ、母の介護に月4回、夫を2泊3日のショートステイ預け、長野に住む母を介護、やっと富士見町の特養ホームに入れたばかり。今年7月の朝、「朝食の食べ物が詰まって・・・」の電話。すぐ駆けつけたが夫の死に間に合いませんでした。病状の大分良くなってきた67歳の夫と「旅でもしようかね」と話し合っていたばかりの時でした。
 長野までの交通費、夫を預ける2泊3日のショートステイは月4回で10万円。安全に暮らせるよう自宅の改造・改修などの費用・・・ 夫を亡くした悲しみを乗り越えての発言でした。(高齢者集会で 中村美智子


画像
    調理放棄は生活力低下
     不活発病の予防を!

 
 高齢者集会で「コンビニ弁当の方が便利で経済的」の話しが出て、福島県双葉町から埼玉県騎西高校に避難している高齢者を思い出しました。
 「町の保健師が長期間仕出し弁当の食生活が続いたので生活力が低下し、運動不活発病にもなり要介護者が増えた。春から調理教育を始めている」と話したからです。
 肉や魚、卵や乳製品、大豆類の蛋白質が不足すると筋力が低下するとテレビでも話題にしていましたが、コンビニ弁当には野菜だけでなく蛋白質も少量しか入っていません。材料を工夫すると手作りの方が安上がりです。頑張って手作りしましょう。 (健康一口メモ・菊地頌子

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
’12年11月号 「ふくわらい」 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる