満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦争する国いや 大阪空襲訴訟団

<<   作成日時 : 2012/12/14 08:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「孫の世代に戦争の悲劇を繰り返してほしくない」−。2013年1月の控訴審判決を前に、空襲被災者・遺族に謝罪と補償を求める大阪大空襲訴訟原告団・弁護団・支える会は13日、大阪市の天王寺駅前で宣伝しました。(しんぶん「赤旗」・12・14日付ー「政治総合欄」)

▼安野輝子原告団代表世話人
画像
     戦争の悲劇繰り返さない
 
横断幕やのぼりを掲げ、約20人が「あなたは大阪大空襲を知っていますか」と書いたビラを配り、差別なき戦後補償法の制定を求める署名を訴えました。
 大阪市に嫁いだ娘の出産で埼玉県から来ている女性(51)は「大阪にも大きな空襲があったことを初めて知りました。大変でしたよね」と署名「戦争する国にはしてほしくない。子や孫のために平和な日本は残したい」といいます。
 署名した女性(52)=東大阪市=は「国防軍とか憲法9条を変えようとか言う政党の主張は腹立たしくなります。空襲被災者や多くの国民の犠牲の上に憲法ができていることを忘れないでほしい」と語気を強めました。
 

 安野輝子原告団代表世話人は「憲法を変える動きが大きくなり、危機感を感じています。戦争に正義などありません。戦争をしに政党を選んでほしい」と話していました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦争する国いや 大阪空襲訴訟団 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる