満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京大空襲原告団 要請行動

<<   作成日時 : 2013/01/11 05:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国に謝罪と補償を求めている東京大空襲訴訟の原告団は9日、係属中の最高裁第一小法廷に要請書を提出しました。これは昨年十一月の要請に続き二回目。この日はそれに先立ち寒風のなか救済を求めるパンフレットを門前で配るなど精力的でした。(東京新聞・1月9日付ー「都心版」)

画像
 東京大空襲などの被害者77人が国に謝罪と補償を求めている訴訟の原告団は9日、継続中の最高裁第一小法廷に要請書を提出した。大法廷に回付して口頭弁論を開くよう求め「戦争被害は国民がひとしく受忍(我慢)しなければならない」とする戦争被害者受忍論の見直しを要請した。
 原告らは寒空の下、救済を求めるパンフレットを門前で配り、代表者が職員に面会。民間の被害者が放置される一方で、旧軍人への補償額は名古屋空襲訴訟最高裁判決(1987年)当時の累積22兆円から昨年度は52兆円に増えたと、格差拡大を訴える要請書を手渡した。
 原告団45人が空襲体験などを書いた裁判官への手紙と約二千人分の署名も提出。原告らは「受忍論には法的根拠がありません」「笑顔を取り戻sる判決を」と訴えた。
 昨年十一月の要請に続き、二回目。安立史郎事務局長(74)は「私どもの生の声を聞いてほしい。今後も続けたい」と話した。(橋本誠記者


◆行動終わって全員集合⇒
画像
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京大空襲原告団 要請行動 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる