「平和のための名言」 中村梧郎

中村梧郎(1940~ )。報道写真家としてベトナム戦争で米軍が散布した枯れ葉剤による人間と環境への被害を現在にいたるまで追求する。1965年、今日アメリカ北爆開始。本格的なベトナム戦争へ。(大和書房・「平和のための名言」-早乙女勝元編)

▼アメリカ機ベトナムに枯葉剤剤を散布する
画像
 ベトナム戦用の枯れ葉剤を米軍に納めていたアメリカの化学企業ダウ・ケミカル者社は、国内向けの缶入り除草剤には次のような注意書きをつけていた。「この薬品はかならず子どもやペットの手の届かないところに置いて下さい。また、他の目的で家事に用いたり、灌漑用水を汚染したり、飲んだりしてはいけません」ーーと。これを(対人)散布しながら、米軍は除草と言いはったのである。生きている人間の価値はペットよりも低くみんされたのだ。
   
中村梧郎『母は枯葉剤を浴びた』新潮文庫)

画像
 米軍による猛毒のダイオキシンを含む枯葉剤のジャングルや田畑への空中散布は、南ベトナム解放民増戦線の食糧源と拠点を破壊するために行われた。その結果、枯葉剤を浴びた女性から無脳症などの異常出産が相次ぎ、地上戦を展開していた米兵たちにもガンなどの被害が多発、さらに深刻な環境破壊がひきおこされた。

               【注】右写真の書籍は岩浪書店版

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント