満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS ’13年2月号 「ふくわらい」

<<   作成日時 : 2013/02/21 08:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「NPO法人 高齢者が住みよいまちづくりの会」のしんぶん「ふくわらい」2月号(NO.48)が発刊されました。今号の一面は、来月15日を期日とする確定申告についての学習会(講師・加納龍雄さん)の報告と定例のコラム・「孫の手」です。今月の執筆は鈴木康吉理事長です。

▼加納龍雄さん
画像
        今年の確定申告
   やらなければ損! やれば得する!

 
 永年サラリーマンをしていた人は税金は勤務先で計算してくれましたから確定申告をやっている人はほとんどありません。今年、国は「年金400万円以下で他の所得が20万円以下の人は確定申告しないでよい」と言っていますから所得税を払っている人で確定申告はしない人が多くいます。
 所得税は区民税・医療・介護保険料・シルバーパスなどにも影響します。亀戸と猿江の税務署で年金者用のっ確定申告の用紙を貰って記入してみましょう。


 2月2日の食事会は江東民主商工会元事務局長・加納龍雄さんから、「高齢者いじめの消費税こそ許せない」など税金のあり方について話を聞きました。皆さんから出された疑問などをご紹介いたします。

画像
      申告は国民の権利
 
 加納さんはまず、「申告は国民の権利」とのべました。自分の払った所得税が払い過ぎかどうかは確定申告をしないと分かりません。所得税の額は、区民税、国保・医療・介護保険料、都営家賃、シルバーパスにも影響します。
 高齢者になると入退院を繰り返すなど医療費がかさみます。また、介護施設、ヘルパーの支払いなど介護利用料も所得から控除できます。「医療費は10万円以上にならないと控除の対象にならない」の誤解や家族の医療費を合算して夫婦のどちらかが申告することができ、領収書をつけて税務署に提出します。


画像
    所得や税額から引かれるもの
 
 医療費(介護利用料も)、国民保険・高齢者医療保険。介護保険等の保険料、生命保険・地震保険など保険料、NPOや政党への寄付金などです

    申告に必要なものは
 
 ◆年金の源泉徴収票◆医療費の領収書◆国民年金。高齢者医療保険料などの支払い額がわかるもの◆生命保険・地震保険料などが分るもの◆扶養控除は氏名・生年月日など。

画像
  【孫の手】
 
 長崎の高齢者住宅「ベルハウス東山手」の痛ましい火災事件。「またか!」と思われた人も多いだろう。スプリンクラー未設置が原因と言うからむごい。同じ誤町ちを繰り返す行政の怠慢に怒りが収まらない▼それにしても犠牲となるのはいつも社会の一番弱い高齢者。「大きな地震があれば私ら死ぬとき」と話しているお年寄りの声をきいたことがある▼弱者といえば無年金や低所得、生活保護受給者しかり。こちらは人災で、保護費が削られる。加えて消費税の大増税が迫っています▼貧困と格差が広がる中、今この国のありようが問われています。指をくわえて待つ訳にいかない。都議選に続く参院選。反撃のチャンスは近い。(S)


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
’13年2月号 「ふくわらい」 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる