満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 憲法9条と江東区議会

<<   作成日時 : 2013/03/11 08:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江東区の2013年度第一回定例区議会(3月)の本会議で共産党の大つきかおり議員が代表質問に立ちました。そのなかで「憲法9条改悪は区の平和都市宣言に反する」として平和問題について正しましたが、区長はなおざりの答弁に終始したようです。

画像
  憲法9条は区の平和都市宣言に反する
 
 大つき議員は、安倍首相が、「村山談話」や「河野談話」の見直しを公言したことを厳しく批判。さらに戦争放棄・戦力吹保持を定めた憲法9条の廃棄をねらい、先ずは、集団的自衛権の行使にむけた解釈改憲と憲法96条が定めた憲法改正の発議要件の緩和を行なおうとしていることは重大だと指摘。憲法9条を改悪し、アメリカとともに戦争に乗り出す国に変えてしまうことは、区の平和都市宣言にも反するのではないかとし、区長の見解を質するとともに、憲法9条を生かし、自主独立のへいわ外交を行なって、アジアと世界の平和に貢献できる国づくりこそ進めるよう国に求めるべきではないかと質しました。

画像
 【区側答弁】 
 憲法9条の見直しに関しては様ざまな意見があることは承知している。今後日本の未来像を描く議論がますます活発に行われることは、恒久平和の維持と民主主義国家の健全な発展のためには望ましい姿であり、これらの議論が本区の平和都市宣言に反するものではないと考える。


画像
     区の平和施設の拡充を
 
 区の平和施策については、原爆写真展の実施、広島・長崎の平和式典への区職員、区民代表派遣、夢の島の第五福竜丸前を出発点として毎年実施されている平和行進への区長の参加や区内の戦跡、慰霊碑などに、わかりやすい説明文を掲げ、広く区内外にその存在を知らせることや、戦災資料館や第五福竜丸、戦跡や慰霊碑などをめぐる企画を実施するなど平和学習の促進を求めました。

画像


リンクhttp://38300902.at.webry.info/201005/article_8.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
憲法9条と江東区議会 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる