「平和のための名言」 堀田善衛

堀田善衛[ほった よしえ](1918~1998)。小説家、評論家。大学卒業後に国際文化振興会に就職。1945年中国・上海に渡り、そこで敗戦を迎えた。47年に帰国。51年敗戦日本の政治的動揺期の知識人を描いた『広場の孤独』で芥川賞受賞(大和書房・「平和のための名言」-早乙女勝元編)

画像
 言論は無力であるかもしれぬ。しかし、一切人類が、「物いわぬ人」になった時は、その時は人類そのものが自殺する時であろう。・・・・・・
「この地獄と抵抗して生きるには無限の愛と忍耐を要する」
     
          
             堀田善衛「堀田善衛集」(影書房)

 1963年原爆機のパイロットを主人公にした『審判』や、70年国家と個人の関係をテーマにした『橋上幻像』を発表。71年『方丈記私記』で毎日出版文化賞。77年に完成した『ゴヤ』(全4巻)で大仏次郎賞を受賞する。

今日の出来事1945年大阪空襲(13~14日) 



リンク】堀田善衛らが描いた「東京大空襲と天皇裕仁」
 http://38300902.at.webry.info/200901/article_17.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント