満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 13年3月号 「ふくわらい」

<<   作成日時 : 2013/03/23 05:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江東区の「NPO法人 高齢者が住みよいまちづくりの会」発行になる新聞「ふくわらい」3月号(NO.49)が発行された。今回の一面は、「一口健康メモ」でおなじみの菊地頌子さんの「高齢者の健康と食生活」についてのお話しとコラム「孫の手」(今回は永井編集委員)

画像
            食生活に気をつけ
      早期発見・治療で健康な高齢期を

 
 3月2日の食事会は「一口健康メモ」でおなじみの菊地頌子さんに高齢者の健康、食生活についてお話をいただきました。
 
 今、2人に1人がガン。それも高齢者が多く、手遅れになると医療費が高くなります。子宮ガンは症状が出てからでは遅い。乳ガンも高齢期になっても検診を受けましょう。前立腺・胃ガン・大腸ガンも必ず検診を!
 胃ガンにならないためには塩分を控えめに。いつも胃の具合が悪い人はピロリ菌が住みついている可能性があります。ピロリ菌の検査と除菌は抗生物質で治療出来ます。井戸水で育った時代の人はピロリ菌が胃のなかに住みつき胃の壁を荒らします。
 大腸ガンは便が細く、便秘がちの人は要注意です。ごに実だくさんのみそ汁、野菜は生で食べずに温野菜を色の濃い野菜を。繊維の多いご飯は免疫力が高まります。
 便秘の解消には特に3月は水分をたくさん取りましょう(1日2500cc排出)。朝は柑橘類を含め1500ccの水を!
リンゴ、バナナはビタミン、カリゥムが多いので血圧を下げます。キュウイはカロリーが少ないので太る心配はありません。
 高齢者集会でコンビニ弁当を利用している方が多いのに驚きました。コンビニ弁当はタンパク質が少なく、腐らないように濃いめに味をつけています。料理は頭と体を使うので認知症の予防になります。献立を考えながら買い物。調理には煮干しを使っただし汁で。カルシュウムの多い煮干しは食べましょう。


画像
孫の手】      平和を願う春の花見つけた
 
 1950年代のはじめの学生時代。平和運動が方向性を見失ったとき、癒してくれたのは映画と歌だった。登校せずに通いつめたのが映画館。「二十四の瞳」「足摺岬」「女の園」などなど、アルバイトで稼いだ金をほとんどつぎ込んで、のめり込んだ▼そして歌。慶応・三田キャンパスの一隅で、昼休みに数十人ほdが立ち並びコーラス。歌はロシア民謡と反戦歌。その中でも忘れられないのが『いぬふぐり』だった。

画像
        いぬふぐり      
 丘はいま柴山
 いぬふぐりも咲いている
 息をはずませてのぼった
 くにさんと一緒にのぼった

 いぬふぐりを忘れない
 くにさんを忘れないずっと
 戦争の悲しさ忘れない
 戦争が起こらんようにする

  http://www.utagoekissa.com/inufuguri.html

 これは戦争で死んだ「くにさん」を想う少女の歌である。「くにさん」は恋人かも、あるいはお兄さんかも、『いぬふぐり』は私たちに、生き残った者は、何をなすべきかを教えてくれる▼この歌の主人公は、「くにさん」を想いながら「せんそうのかなしさわすれない/せんそうがおこらんようにする」と叫ぶのである。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
13年3月号 「ふくわらい」 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる