満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京大空襲抗議集会で 中山武敏

<<   作成日時 : 2013/05/13 06:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京大空襲訴訟は9日、最高裁の上告棄却という不当決定で全面敗訴が確定しましたが、9〜10日に開かれた報告集会、抗議集会に参加した中山武敏弁護団長から同遺族会に送付されたメールを紹介します。なお、資料として朝日、東京各紙の記事が添付されていました。

▼台東区の抗議集会で清岡美知子さん
画像
      聞いていて涙を禁じ得なかった
 
 原告団の方々が最高裁決定をどう受け止めたか、決意表明がなされました。私は聞いていて涙を禁じ得ませんでした。集会を報じた東京新聞(本ブログで掲載済み)を添付しますが、そこで清岡美知子さん(89)は、「これだけ世論を喚起でき、裁判は無駄ではなかった。悲嘆にくれるだけでなく、頭を切り替えて立法に働きかける」と発言されていますが、原告団の皆さんの思いはみな同じでした。
 千葉利江さんは、この裁判に参加する中で、自分を確立し、自分を変えることが出来た。東京地裁の第1回目の裁判のときに、中山団長がこの裁判は、「人間回復」の裁判と意見陳述されたが、その通りだったと実感していると述べられました。



画像
   不正義、矛盾のあるところ闘いが 
 
 闘いが人間を強くし、人間を変えるとの想いを強くした報告・抗議集会でした。
 不正義、矛盾のあるところ闘いは必ず起き、闘いは継続する。東京大空襲から70年目の2年後(2015年3月10日)までには、立法化を実現するとの決意を新たにした集会でした。
 棄却決定についての東京、朝日、毎日、読売、赤旗の各記事を送信しますがマスコミも好意てきでした。


】添付資料の中から東京新聞5月10付「社説」−「政治が人道的決着を」を以下掲載します。


画像
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京大空襲抗議集会で 中山武敏 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる