平和のための名言 タゴール

タゴール(1861~1941年)。インドの詩人。詩才を認められて17歳で渡英。帰国後、ベンガル地方に親しみ、シャンシニケータンに寄宿学校(現国立大学)を創設し、農村改革運動に取り組んだ。(大和書房・「平和のための名言集」ー早乙女勝元編9

画像
彼らは憎しみ、また殺す、そうして人々は彼らをたたえる。
しかし神は赤面してその記憶を いそいで青草の下にかくす。
人間の歴史は 虐げられた者の勝利を 忍耐づよく待っている。

         
         タゴール『タゴール詩集』(岩波文庫)

 ベンガル語詩集『ギーターンジャリ』でノーベル文学賞を受ける。インド社会を直視し、西欧文明に絶望しながら、未来への希望を求め続けた。ガンディーらの独立運動の精神的支柱でもあった。

今日の出来事5・29】1916年タゴール来日 1953年ヒラリー、エヴェレスト初登頂に成功 1943年日本軍アッツ島で全滅、初めて「玉砕」の言葉を使用

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック