満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅原 猛さん 平和憲法を語る

<<   作成日時 : 2013/05/29 08:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「9条の会」が発足して9年。これまで残念ながら呼びかけ人9人のうち4氏が他界された。高齢ながら今もって矍鑠(かくしゃく)として「9条守る」と論陣を張っている5氏のなかの一人梅原 猛さんが5月27日の東京新聞・夕刊に「平和憲法について」と題して執筆している。この問題では表面に立たない氏だけに傾聴に値する。

画像
    <思うままに> 「平和憲法について」 

 改憲論議が盛んであるが、私は、必ずしも政治的に意見が一致しない加藤周一氏や井上ひさし氏らとともに「九条の会」の呼びかけ人に名を連ねたほどの頑固な護憲論者である。戦後、日本は憲法九条の下で大きな躍進を遂げ、アメリカに次ぐ世界第二位の経済大国になった。その輝かしい時代の政治を司(つかさど)ってきたのは主として自民党うであり、私はほぼ自民党を支持し続けてきたが、その自民党が憲法九条を変えるとは、長年の友人に裏切られた気持ちである。(中略ー下欄コピー参照)

    戦争を体験した最後の世代として
 
 私は今年、数えで89歳になった。私は趙兵を受けて軍隊に入り、戦争というものがいかに残虐なものであるか身をもって知った最後の世代である。そのような戦争に参加した現在89歳以上の人は日本の総人口の0・5%にも満たないらしいが、戦争の惨禍をまったく知らない政治家によって日本が変えられることに、戦中派として強い不安を感じるのである

 おそらくぼけ老人の錯覚であろうが、自信ありげに颯爽(さっそう)と政治を執る人気の高い安倍首相の姿が、かっての近衛首相の姿と重なってみえるのである。

画像


リンク】2009年6月本ブログに掲載した「梅原猛さんと「9条の会」
 http://38300902.at.webry.info/200906/article_3.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅原 猛さん 平和憲法を語る 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる