あのとき歌った この歌 -16-

鎌倉で開かれた佐藤真子さんのシャンソン・コンサートに行った帰り際。同行の小名きぬさんが、少しばかり上気しているのを見て、「疲れましたか?」と声をかける僕に、「いいや、シャンソンはやっぱりいいわね!」と小名さん。

画像
 帰りすがら駅までの道々は、シャンソンンの話で持ちっきり。聞けば、十年前に亡くなった夫君・小名愰平氏(享年83)が日ごろ口ずさんでいたのが「巴里の屋根の下」だったとか。
 小名愰平元陸軍大尉の戦歴が痛恨のドラマです。ノモンハン(昭和14年)で、九死に一生の境をさまよい、中国は北支、南支を転戦。殺し、殺され、部下を何人亡くしたか数えきれないといいます。
 戦後、復員したのが昭和22年。七年間大陸を彷徨していた彼は、あの地でのことは固く口を閉ざしたまま逝きました。没後、葬儀に参列した部下たちは異口同音に退却の名人といい、名部隊長と涙しました。
 故郷、青森の八戸で結ばれた小名夫妻。上京後の彼は持って生まれた才能を発揮、平和運動の理論家・リーダーに。没後十年。表札はそのまま、自宅の仏前には常に旬の生花が飾られ、レコーダーからはときおり、シャンソンが語りかけるようです。


【リンク】 Sous les toits de paris
  http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/09/post_8d45.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック