満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 憲法改悪は 英霊も反対

<<   作成日時 : 2013/06/08 11:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京新聞(8日付)の発言欄がいい。表記の見出しで埼玉県寄居町の南部通文さん(77)が書いている。憲法を改悪して戦争の出来る国にしたら、靖国の英霊たちは全く犬死にになってしまう、と喝破している。紹介しよう。

画像
 閣僚をはじめ国会議員の靖国神社参拝が続き、中国や韓国との関係が悪化している。近隣の国との友好よりも参拝することが大切だと考える先には何があるのだろう。
 その弁明として、国のために命を落とした英霊を祀(まつ)ることがなぜ悪いのか、と言う。その結果として今の平和憲法ができたのではないだろうか。その憲法を改悪して戦争のできる国にしたら、その人たちは全くの犬死になってしまう。
 靖国神社に祀られている英霊たち自らに選ばされたら、「俺はここにいたくない」と言う人が大勢出るのではないだろうか。この方たちは今の憲法の恩恵に浴していない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
憲法改悪は 英霊も反対 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる