満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 都の平和祈念館 「早く建設を」

<<   作成日時 : 2013/06/13 08:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「東京空襲の資料を展示し、犠牲者を追悼する『東京都平和祈念館(仮称)』の建設を求める戦争体験者たちが、14日の都議選に注目している・・・・・・」と東京新聞の橋本誠記者が11日付の社会面に書く(下面参照)。大きなカコミ記事で小森香子さんの写真が添えられている。

画像
     東京空襲 体験者 進む高齢化
 
 展示内容をめぐる都議会の対立で計画が凍結されて14年。高齢化した体験者らは「いつまで生きていられるか分からない」「議論を始めて」と訴える

        議会に合意努力求める
 
 空襲被害者約十万五千人の遺骨が眠る都慰霊堂は、もともと関東大震災の納骨施設。東京空襲遺族会は今年1月、「独立した公的施設」の整備を都議会各会派と都に要望した。東京大空襲で孤児になった金田茉莉さん(78)=埼玉県蕨市=は「祈念館を待ちながら亡くなった孤児もいる。戦争を知らない世代の都議が多くなったが、空襲のことをしってほしい」と訴える。


画像
【注】 自治体の平和施設 
 被爆地の広島、長崎市や沖縄県は追悼施設や公園と一体化した資料館を運営。大阪府・市や川崎、兵庫県姫路市も空襲被害を伝える施設を設立している。東京では平和祈念館計画の凍結後、募金で「東京大空襲・戦災資料センター」(江東区)が造られ、市民の手で運営されている。


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都の平和祈念館 「早く建設を」 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる