あのとき歌った この歌 -21-

「禁じられた遊びー1952(昭和27)年製作のフランス映画。日本公開は翌53年、監督・ルネ・クレマン(Rene Clement)..映画のあらすじより、バックに流れる曲が忘れられない。ナルシス・イェペスのアコーステイック・ギターの素朴な音色がこの映画を一層引き立てている。この曲は「愛のロマンス」という題名のスペイン民謡。

画像
        戦争と映画音楽 
 
 戦後間もなく見た映画で、今でも記憶に残っているものを10本挙げろといわれれば、すらすらと出てくる。それは「風と共に去りぬ」をはじめとして、「戦争と平和」「今ひとたびの」「戦火のかなた」「自転車泥棒」「鉄道員」「第三の男」、そして「禁じられた遊び」・・・などなど。
 敗戦の混乱期とあって、やはりあの戦争は「何だったのか」が一大テーマになったのは自然の成り行きだったが、洪水のように日本に入り込んだハリウッド映画はともかく、イタリアン・ネオリアリズムの潮流には圧倒された。
 しかし、何といっても映画音楽には酔わされた。とりわけ、「禁じられた遊び」で流される「哀愁、はかなさ、美しさ」をかきたてるあのギターの調べには吸いよせられた。
 その調べをギターでなくピアノの弾き語りで佐藤真子さんが「平和への想い・コンサート」(2010年)で取り上げてくれた。すんだ歌声に来場者は魅了されたことは言うまでもない。


リンク】 禁じられた遊び
 http://www.youtube.com/watch?v=05kutNCA2jc


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック