満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 13年6月号 ふくわらい 

<<   作成日時 : 2013/06/27 05:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ふくわらいの会」機関紙6月号の二面。トップは都立墨東病院は都立のままで存続を!。今回の総会で新事務局長に就任した梅田 昇氏が「みんなの広場」に登場。好評の菊地頌子さんの「健康一口メモO」と続きます。

画像
            墨東病院は
       都立のままで存続を

 
 墨東病院など都立病院について東京都は今年4月、新5カ年計画(2013〜17年度)を発表しました。
 これまで東京都は「都立病院改革推進プラン」で、都立病院の見直しをすすめてきており、経営形態の検討では「引き続き情報収集を行う」との表現で17年度までは直営を継続する計画としています。


 しかし、6月5日の都議会厚生委員会の共産党都議の質問で、経営形態の見直しを中止し、直営で拡充するよう求めたことに対し、都病院経営本部は「国が検討している国立病院機構などの新たな法人制度の動向に注視し、引き続き情報収集を行う」と回答し、都立のままで存続させるとは明言していません。
 これまでの5カ年で16あった都立病院が半減されています。救急救命センターや周産期医療があり「救急車でたらい回しにされ、墨東で助けてもらい未熟児の双子が生まれ、元気に育っています」との声が寄せられる墨東病院。ここを都立として存続させるため「都立墨東病院を直営で存続させる会」や多くの団体・個人が運動を続けています。

 
 今、都民の暮らしは収入が減少し、国民健康保険料や介護保険などの支払いができなく医療の抑制が起きています。誰でも安心してかかれる公的医療の拡充を求めて、今後も運動を広げましょう。

画像
       「ふくわらいの会」を盛り上げよう!
 
 2013年度総会で木村清子事務局長の後をつぎました梅田昇です。よろしくお願いいたします。
 さて、高齢者を取り巻く状況の厳しいなか、今年の活動事業は次の事を計画しました。

 
@介護保険・後期高齢者医療費の保険料値上げ反対、年金切り下げ反対、消費税増税凍結撤回、介護保険経度者サービスの見直し計画反対と、高齢者の生活・健康を守る活動をすすめていきます。
A高齢者の安全・安心を目指して一声運動をすすめます。
B健康を維持する健康体操の実施
C高齢者のための施設見学や学習会をすすめます。


 特に今年は、23回実施した食事会のさらなる充実、機関紙「ふくわらい」の発展、また、新事業としての介護サービス派遣事業を始めました。このように課題やひとつひとつの事業の実施が今年こそ切実になっています。
 みなさんとご一緒に「ふくわらいの会」の活動を大いに盛り上げようではありませんか。がんばりましょう。


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
13年6月号 ふくわらい  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる