満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS あのとき歌った 「リンゴの唄」

<<   作成日時 : 2013/08/05 10:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

敗戦の年、8月、旧満州(現中国東北部)から引揚げてきた僕。かろうじてたどりついた日本列島。その惨状、とりわけ東京・下町の凄絶な様は筆舌に尽くせません。遠く隅田川を越えて日本橋は三越界隈の廃墟が、望見できるほどの光景は忘れられません。

画像
 東京大空襲で多くの人の命が失われ、総てが焼き払われ、住む家もなく、食べるものもなく、瓦礫のなかで途方にくれる人びとを元気づけてくれたのが、街頭からながれるこの歌でした。戦後初めての日本映画「そよかぜ」の主題歌として人々に勇気と希望と活力を与えてくれたのが並木路子さんがさわやかに歌う「リンゴの唄」でした。

   赤いリンゴに唇よせて
       だまって見ている 青い空
 

 並木さん自身が東京大空襲で母を、南方戦線で父親と兄を亡くした、にもかかわらず健気に歌いました。

画像
 「東北地方の大震災に遭われた被災者の方々にこの歌を贈ります。戦後、朝鮮で難民生活をほぼ一ヵ月の間余儀なくされ、帰国を果たしました。東京・深川にたどりついて、さあ、これからという時に励まされた歌が「リンゴの唄」でした。
 ご一緒に歌いましょう。想いは同じです。あのとき肩を叩きあって助け合いながら焦土からよみがえった日本人ですから」と、一昨年の三月、僕はブログにこう書きました。

  しかし、あれから二年半。未だに帰郷出来ない人15万人と聞きます。遅々として聞こえぬ再建・復興の槌の音。腹立たしく思うのは僕だけでしょうか。(永井至正)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あのとき歌った 「リンゴの唄」 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる