満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 江東オンブズマン行く 9月号

<<   作成日時 : 2013/09/06 06:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「江東区民オンブズマンの会」の機関紙・9月号(111号)の二面。トップは「高すぎる江東区行政委員の報酬」の見出しで前号に引き続き選挙管理委員の年収を取り上げています。さらに同会の正木 毅代表委員の寄稿、7〜8日、京都で開かれる大会のお知らせなどが編集されています。

画像
          月4〜5出勤で
     給料(年収) 366万円

 
 本紙の前号では区の行政委員の報酬が勤務日数に比較して「ずばぬけて高い」として、教育委員を取り上げたが、今回は、選挙管理委員会を追った。

   二見好一委員長 出勤日数54日  

 江東区の選挙管理委員は4人。議会の選挙で決まる。平成24年度は、矢野孝三、ニ見好一、山本秀雄、山本勲の各氏。出勤日数は46日。委員長だけが54日と少し多い。

画像
 ニ見委員長の場合、年収339万3428円になる。加えて1日5000円の費用弁償が付くから366万円余。月収300万円を下らない。その他の委員も307万円。
 納税者区民が必死に働いても300万円稼ぐのは大変なのに、月に平均4〜5日の出勤だから「高すぎる!」と怒りの声が上がるのも当然だろう。ちなみに、報酬+費用弁償で1274万円余支出していた。


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江東オンブズマン行く 9月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる