平和のための名言 趙一曼

趙一曼(1905~1936)。日中戦争下に、四川省の地主の娘から東北入りし、反満抗日ゲリラ部隊に加わる。東北抗日軍の政治委員として活躍。(大和書房・「平和のための名言集」-早乙女勝元編)

画像
 お母さんはね。命をかけて反満抗日のたたかいに力をつくしてきましたが、悲しいことにまもなく処刑されようとしています。
 お母さんは、たくさんの言葉で、あなたを教えることはできなかったけれど、私の生きてきた道すじそのものが、あなたへのささやかな贈りものですよ。大きくなってからも、母親が祖国のために命を捧げたことを、忘れないで。

     
        趙一曼「最後の手紙」(早乙女勝元
                『ハルビンからの手紙』草の根出版会)


 戦闘中に重傷の身で捕らえられも脱走。また逮捕され銃殺刑に。1936年8月2日、31歳の短い生涯を閉じる。処刑前にわが子にあてて書いた手紙が、アルビンの烈士記念館に展示されている。

今日の出来事9・17】1992年PKOカンボジア派遣(自衛隊初の海外派兵) 2002年小泉純一郎首相訪朝、金正日と会談

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント