満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 解釈改憲で集団的自衛権 着々

<<   作成日時 : 2013/09/20 15:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

憲法解釈で禁じられてきた集団的自衛権の行使容認などを議論するたま安倍晋三首相が設置した有識者懇談会が17日、参院選をはさんで約7カ月ぶりに再開し、憲法解釈を見直す必要を確認した。(東京新聞・18日付朝刊一面)

画像
      集団的自衛権 全員が容認派
 
 年内に報告書を作る方針だが、メンバー全員が行使容認論者。世論や与党・公明党の理解が得られていないにもかかわらず、結論ありきで解釈改憲を目指す首相の主張を代弁する内容となりそうだ。
 この懇談会は、第一次安倍政権で首相が設置。第二次内閣でも今年2月、全く同じ13人のメンバーデ再スタートした。現在は14人。いずれも講演や論文などで、集団的自衛権の行使を容認する考えを明らかにしている有識者ばかりだ(下表参照)。
 なかでも柳井座長、北岡副座長は周知の改憲論者。


 安倍首相は、懇談会からあらためて、解釈改憲への「お墨付き」を得ようとしている。だが、偏った人選の懇談会がまとめた報告書では、とても世論の支持は得られない。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
解釈改憲で集団的自衛権 着々 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる