満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 江東オンブズマンが行く 12月号

<<   作成日時 : 2013/12/10 05:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江東オンブズマンが行く 12月号(No.114)の二面トップは臨海部・青海「駐車場裁判」の控訴審。たった1回で決審となり、12月11日が判決とか。左上は「秘密保護法」に反対しよう! というコラムを「会」の正木 毅幹事が記している。

画像
 高裁は都の代理人
 一回で結審の怪?
 「駐車場裁判」の控訴審

 
 臨海部、青梅に点在する広大な駐車場。これを(株)テレポートセンターに格安で貸付、儲けさせてきた東京都。
 「不正貸し付けは許さない」と裁判を起こした臨海都民連はさる11月6日、控訴審の第1回口頭弁論に望みました。
 これまで、東京地裁で四回にわたって審理し、不当にも「棄却」(7月23日9されましたが「高裁なら少しは?」と望みをかけました。


 裁判所は役所の番人だろうか?

 結果は、一回で「結審」。大勢の傍聴人は「え!!」と驚きの声をあげました。原告の矢野政昭さん、鈴木康吉さん(いづれも当オンブズマンの幹事)らは、「裁判所なんてこんなものさ!」と話していました。
 それにしても、都はいつまでこんな役人の天下り先に支援するつもりか? 怒りが収まらない。判決は12月11日。


画像
    「秘密保護法」に反対しよう  

 国民の目・耳・口を塞ぎ、再び戦争が出来る国にする「秘密保護法」という悪法が、自民・公明・みんなの党によって国会で強行採決だれた。
 法案の中身が分かるにつれて、国政調査権を持つ国会議員ですら「秘密」をチェックできない事態が起こることが判ってきました。当然その秘密は、国民にも「秘密」でその秘密を知ろうとすれば厳しい罰則が待っています。
 このような法案を国権の最高機関たる国会で私たちが選んだ国会議員が審議しているのです。世論調査で8割の国民が反対しているこの悪法を、先の選挙で5割に満たない指示で政権にありついた議員たちで決めようとしているのです。
 こお秘密保護法は、私たち市民の情報活動すら捜査対象にされ、罰則を受ける可能性があります。このような悪法は党派を超え、連帯して廃案にしなければなりません。
 「秘密保護法反対」の声を議員さんに働きかけましょう。(正木 毅代表幹事)


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江東オンブズマンが行く 12月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる