平和のための名言 丸山眞男

丸山眞男(1914~1996年)。政治学者、東京大学教授。超国家主義を生んだ日本人の心理と行動の病理を鮮やかに分析し戦後民主主義をリードした。(大和書房・「平和のための名言集」-早乙女勝元編)

画像
 「左右の偏向を排して公正のの立場をとる」といった考え方が現実には自分の偏向を隠蔽し、あるいは社会的責任を回避する口実になることを注意しなければなりません。

     丸山眞男「現代における態度決定」
        ([現代政治の思想と行動」未来社)


 市民社会的民主主義を真に実現するためには、それを支えるに足る近代的主体と思惟様式の変革・創造が必要であることを説いて多くの読者を得た。著書、『日本政治思想史研究』「日本の思想』『忠誠と反逆』『「文明論之概略」を読む』など多数。

今日の出来事12・26】1898年キュリー夫人、ラジウム発見を発表 1957年第一回アジア・アフリカ諸国人民連帯会議開催 2004年スマトラ大地震によるインド洋津波被害

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント