平和のための名言 E・H・カー

E・H・カー(1892~1982年)。イギリスの歴史家、政治学者。ケンブリッジ大学卒業後、外交官、『タイムズ』紙の論説委員を経て、オックスフオード、ケンブリッジ大学で研究生活に入る。著書に『ボリシェヴイキ革命』『ナショナリズムの発展』『歴史とは何か』など。

画像
 力が国際関係を支配するかぎり、軍事的必要に他のあらゆる利益が従属することになり、それが危機を激化させ、そして戦争そのものの全体主義的性格の前ぶれとなる。しかし、、力の問題が解決され、動議がその役割を回復すると、情勢に希望が現れる。

       E・H・カー『危機の二十年』(岩波文庫)

『危機の二十年』は1919年から1939年の戦間期の国際関係を分析、上の文
言は最後の結論部分の一節。この著作が書き上げられた直後の39年9月に第二次世界大戦が勃発する。

今日の出来事12・27】1923年虎ノ門事件(難波大助、摂政を狙撃) 1945年中国、国民党と共産党が重慶で正式会談再開 1979年ソ連、アフガニスタンに軍事介入 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント