平和のための名言 サルトル

J・Pサルトル(1905~1980年)。フランスの哲学者・作家。パリの高等師範学校で哲学を学び、ボーヴォアールと生涯の伴侶となる。ベルリンに留学、哲学論文『自我の超越』『想像力』を書く。(大和書房・「平和のための名言集」-早乙女勝元編)

画像
 金持ちどもが戦争をするとき、
 死んでいくのは貧乏人なのだ。

   
    J・P・サルトル『悪魔と神』(新潮文庫)

 その後小説『嘔吐』で一躍有名になった。ナチスの捕虜となり脱走し、占領下のパリで戯曲『蠅』、無神論的実存主義の大作『存在と無』を執筆。社会・政治問題にも積極的に関与。1964年ノーベル文学賞を拒否した。

今日の出来事1・15】1926年京都学連事件、初の治安維持法適用 1961年第1回アジアアフリカ女性会議開催

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント