満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS '14年2月号 「ふくわらい」 

<<   作成日時 : 2014/02/26 08:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NPO法人 高齢者が住みよいまちづくりの会・機関紙2月号(NO.60)が出ました。1面は3月15日の確定申告日に向けての手引書がトップ。「高齢者・家族にとって耳よりな確定申告の話」が見出し。「孫の手」は木村清子編集委員が筆を執りました。
画像
画像
【孫の手】 

 安倍内閣は、特養ホームの入所は要介護3以上、要支援1.2など軽度の高齢者を介護保険から外し、低い単価で都区にまる投げしようとしている。公的介護保険は高齢者の老後の人権と尊厳を保証するために導入されたはず▼そんな折、正月の新聞に「回想法で認知症の予防・進行が防止」(出雲市民病院鈴木正典先生9の談話を読んだ思い出話は「すればするほど元気になる」という。楽しい思い出、自慢話、死んだ連れ合いの悪口など何でもよい。語ることで言葉を忘れない。人生の満足感。自尊心などを得ることは脳を活性化するという。高齢者の話に耳を傾け、戦争の経験、くらし、未来に向けて・・・話し上手から聞き上手になることもふくわらいの仕事である▼都知事選挙は自公が推す候補者が当選。選挙中は「母親を介護した経験がある」を売り物にした。憲法改悪、福祉切り捨て、消費税導入などの安倍首相に挨拶に出向く晋知事。ひとり暮らしの介護難民が増える今日。国・都区に高齢者の声を大きな運動にすることが求められる。(木村清子)

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
'14年2月号 「ふくわらい」  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる