平和のための名言 坂田昌一

坂田昌一(1911~1970年)。理論物理学者、名古屋大学教授。京大卒業後、理化学研究所に入る。湯川秀樹、武谷三男らと協力して中間子理論の研究に従う。(大和書房・「平和のための名言集」-早乙女勝元編)

画像
 原子炉には未知の要素がきわめて多く、すべての専門家が同時に素人であるという面のあることを忘れてはならない。

           坂田昌一(「中央公論」1960年1月号)

 1955年素粒子の複合模型(坂田モデル)を発表、60年には名古屋モデルへと発展させ、素粒子論を飛躍的に高めた。一方で57年に、核兵器廃絶と戦争の絶滅を目指してカナダで開催された世界の科学者によるバグウオッシュ会議に参加、以後「科学者の社会的責任」として各種の平和運動に積極的に参加する。

今日の出来事3・11】1985年ゴルバチョフ共産党書記長選出 2011年東日本大震災、福島原発大事故

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント