満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「全国空襲連」 会報 NO.8 

<<   作成日時 : 2014/04/18 08:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

空襲被害者等の援護法の実現を求める 「全国空襲連」の会報8号を頂きました。A4版全8頁にぎっしりと記事と写真が掲載されています。その1ページはさる3月5日に議員会館で開かれた「院内集会」のあらましが記述されています。

画像
    議員連盟の再発足を今国会中に

 全国空襲連は3月5日、空襲被害者援護制度の確立を求めて国会内で集会を開き、国会議員29人(本人出席18人、秘書11人)と空襲被害者ら合計120人余が参加し、満席の熱気で埋まりました。

画像
 星野運営委員長は「戦後70年となる2015年までに成果をあげる、今日この集会をスタートにしたい」と決意を述べました。
 中山武敏共同代表は「ぜひ超党派の議員連盟の再会か再発足を、今国会中にお願いしたい」と訴えました。
 大阪空襲訴訟弁護団の大前治弁護士は「戦時下の防空法と国民」と題して講演。「空襲は怖くない。逃げずに消化せよ」と非科学的な指示をした当時の防空法制のために多くの被害が広がった事実を告発しました。
 名古屋空襲を体験した杉山千佐子さん(98)ら空襲被害者が訴えました。
 鳩山邦夫衆議院議員らから激励の挨拶をいただきました。日本弁護士会副会長(日弁連法対策センター委員長)の安井信久氏から支援の挨拶を受けました。()衆議院法制局第5部長の笠井真一氏が出席されていました。


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「全国空襲連」 会報 NO.8  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる