沖縄で戦死した 海軍飛行学生 ⑦

特攻隊員の遺書。そのなかには”母上様””母を思う”という言葉が多い。国を護る。母を思う。特攻隊員たちの心には、果たして、どちらが深く沈んでいたのだろうか。

画像
矢野 昇海軍中尉
 中央大学 長崎県出身。 昭和20年4月23日、沖縄方面にて戦死、15歳。搭乗機 零戦。

 
 「お母様の眼」 御母様、先日御出で下さいましたのに何等お話も出来ませず失禮いたしました。淋しいお心持のまゝお帰りだった事だらうと想像いたし、なぜもっとやさしく応對しなかったのか、今更後悔致して居ります。
 お母様だけなりと飛び立つ我々の勇姿を一目みていただきたかった。それも今となってはかなひますまい。むしろ見送って下さらぬ方がいゝかと思ひます。
 ではお母様! 征って参ります。
  4月16日 昇


【注】http://38300902.at.webry.info/201009/article_17.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント