島の小国で何が悪い? 井筒 和幸

東京新聞のラジオ・テレビ版(風向計)で映画監督の井筒和幸が吼えた。「どうして少子化がいけないのか、まったく分からない」と。以下切り抜いて添付するが、ユニークで、痛快なコラムに感嘆している。

画像

 どうして小子化がいけないのか。まったく分からない。少子化をやめて安心して子どもを産める社会をと、政治家や官僚が九官鳥のように騒がしい。戦時中の産めよ増やせよの計略とどこが違うのか。社会保障や老人医療が国の予算で賄えなくなるからだとご用経済評論家も口にするが、とてもヘンテコリンな話だ・・・・・・。

】戦争中のお母さんたちはほとんど明治生まれ。我が家もお袋は生まれは明治29年。故あって満州へ。そこで9人の子を産んだ。僕は末っ子、昭和7年生まれだから、お袋はほぼ2年に一人は生産したことになる。そして兄貴3人があの戦争で帰らぬ人になった。当時の女たちは兵隊製造機と化していたのだ。そして今は、井筒さんが語る・・・・・・。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント