太宰春台 「一日一言」

太宰春台(だざいしゅんだい=1680~1747)この日江戸で死んだ信濃飯田出身の儒学者。荻生徂徠に師事し、宋学と孟子を排撃し、また仏教批判をこころみた。『聖学問答』など。(岩波新書・「一日一言ー人類の智慧ー桑原武夫編)

画像
 古くよりそうじて、位高き人に、ものの上手はなきものにて、上手はいつも賎しき者に出来るなり。歌の道にても、人丸、赤人は貴人にあらず。『古今集』を選びたる人びとも・・・・・・皆、地下(じげ)の賎しき者どもなり。この輩みな歌道に達せし故に、選集の勅をうけたり。歌の盛なりし時だに、高位の人には、達者まれなり。いわんや、今の世、歌道衰微の時に、公家の高位の人に何として上手あるべき。我に限りなきが故に、公家の名家にて、歌所(うたどころ)と定められたる人をば、必ず上手とおもいて、その添削批判を受くるは、あさましき事なり。(独語)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント