千葉で平和歌った 「合唱団この灯」

「昨日(6月8日)は、千葉市で行われた「ピースフェア2014IN千葉」(千葉市平和のための戦争展)で”合唱団この灯”も参加して、30分間、うたで平和を発信してきました」。自身も「合唱団この灯」の一員である牛山れい子さんからのメールです。

▼「合唱団この灯」の堀喜美代さん。「兄ちゃん」歌う。
画像
       <当日の曲目>

①主宰者・堀喜美代さん作詞の「兄ちゃん」(あんちゃん)。音楽を教えてくれた叔父さんの戦死をうたった歌。
②私(牛山鈴子)の作詞した「生命(いのち)を生きる」。空襲で死んだ父や母、兄弟の命は今も生きていることを詩う。
③「馬が死んだから、責任をとって死んだという父・・・」私にとっては痛恨と怒りの歌。(
 その他、福島出身の団員が作詞した「私の育ったまち」「ぼく外であそびたいな~」などでした。


画像

 「私の平和への想い 原点」 牛山れい子

 
 私が「再び戦争を起こしてはならない」と願う原点は、父の死にざまにあります。「あなたのお父さんは、馬を死なせてしまった部下の責任をとって”自害”したのよ」という叔母の話は、中学生の私には苦しく納得のいかないものでした。「馬が死んで、なぜ父が死ぬのか」「妻やこども(わたし)のことを考えなかったのか」「戦争って何だろう」などなど、大きな疑問を抱きました。この疑問が私を平和の会を実現する運動に結びつけたのでした。

http://38300902.at.webry.info/201304/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント