満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「援護法」の制定を 全国空襲連役員が奔走 

<<   作成日時 : 2014/07/19 06:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「今日(7月14日)、『空襲被害者等援護法』の制定と『8・15集会』成功のお願いを国会議員に行いました」と、全国空襲連の事務局次長・牛山れい子さんから写真添付でメールが送られてきました。

画像
 来年の「戦後70年の年」は、大空襲の遺族や被害者にとっては最後の節目の年になるでしょう。なんとしても、「空襲被害者援護法」の制定を!、そのために「議員連盟の再構築を」訴えました。写真上は市田忠義参議院議員、下は福島みずほ議員に要請しているところです。
 なお、この日参加した要請者は「全国空襲被害者協議会」の共同代表・中山武敏弁護士、星野弘運営委員長、城森満副運営委員長、足立史郎事務局長、清岡美知子副原告団長、河野先副団長、河合節子世話人、牛山れい子事務局次長でした。


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「援護法」の制定を 全国空襲連役員が奔走  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる