満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「心にふれる話」 折り紙が解いた封印

<<   作成日時 : 2014/09/09 06:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「折り方を知りたいのですが・・・・・・」 さいたま市の女性(859から東京新聞に手紙が届いた。サルとカエルの折り紙
を折り、「戦争さる」「平和かえる」と書いた紙を添えて人びとに配っている東京都墨田区の榎本喜久治さん(80)の話を、女性は先月1日夕刊の記事で詠んだ。(本ブログで掲載済み=下欄参照)

画像
       語り始めた戦争体験
 
 榎本さんは「近くに行くついでに、直接お教えしましょう。その方が早いですし」。恐縮しきりの女性と榎本さんは、喫茶店で会い、折り紙に向かった。

画像
 折りながら、女性は戦争体験を語り始めた。勤労動員で弾のカバーを作ったり軍人の服を縫ったりした。「勉強しようと学校に行くと『工場に行け』と・・・・・・。理不尽でしょう」。亡夫は弾を抱えて戦車に突っ込む訓練もさせられた。東京大空襲の夜は、湯島から上野へと逃げ惑った。ーいずれも、女性がこれまでずっと心にしまってきたことだった。
 「平和を願う思いは同じ。私も折ってみたくて」。少女時代に親しんだ折り紙が口を開かせたのだろうか。
 「言いたくなかった気持ち、分かります」と榎本さん。「それでも体験を伝えてほしい」。持参したカエルたちを女性に託した。(奥野斐) 





画像
   

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「心にふれる話」 折り紙が解いた封印 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる