コラム「雲流れる」永井至正⑪

ドイツはチエコとの国境沿い、エルベ川のほとりのドレスデン。中世の面影を残し、ドイツの京都ともいわれる文化都市。ヨーロッパ戦線では戦争末期の1945年2月12~13日、米英軍の猛爆を受け廃墟と化した。死傷者は2~5万といわれ、東京大空襲と並び立てられている。

▼2012年2月、日・独大空襲被災者が交流
画像
▼戦後、英、エリザベス女王はこの地を訪ね、哀悼の祈りを捧げたという。これはドイツのシュレーダー首相が以前にイギリス中部の工業都市、コベントリー(ドイツV2・ロケット攻撃で壊滅)に赴き謝罪したものの返礼といわれている▼そこで思うのは、沖縄返還を金銭で解決したにもかかわらず、ノーベル財団から平和賞を授与された佐藤栄作元首相。彼が南京に行き頭を垂れただろうか▼チエコのプラハで核兵器の廃棄を訴えただけで平和賞を受けた米のオバマ大統領。広島の原爆追悼式に参加したことがあっただろうか▼この違いはどこからくるのか。ノーベル平和賞の曖昧さと、血塗られた現代史、とりわけあの大戦の総括についての日独の違いをそこに見る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント