「生命を生きる」に寄せて 牛山れい子 -終ー

東京大空襲訴訟に係わって活動しているとき、ある新聞記者から「軍人の遺族として、恩給をもらっているのか」と聞かれたことがあります。「天皇陛下の馬を死なせた軍人・遺族」に恩給は支給されていません。

▼空襲訴訟原告団 前列左から二番目牛山鈴子さん
画像
 今、安倍内閣の下で「戦争する国づくり」が強行されようとしています。そのために、憲法9条の廃止、愛国心を持たせるための「教育再生」(”修身”の科目を教材に位置づけて、5段階評価の対象にしようとしていることなど)、消費税の増税など暮らし、営業への攻撃、福祉・医療・介護の切捨てなど、人間が生きているすべての分野に及んでいます。
 「国民が主人公の社会の実現のために」「人間が人間として生きられるように」「再び戦争の惨禍を繰返さないために」「こどもたちに平和を手渡すために」憲法をくらしに生かすようにしていきたいと思います。
 そして、「憲法第99条(憲法尊重擁護の義務)天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う」の条項を世の中を見るモノサシにしていきたいと思います。
 コンサートの成功に向けてがんばります。


画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント