満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 畔上都議 新年の挨拶 「ふくわらいの会」

<<   作成日時 : 2015/01/22 06:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NPO法人 高齢者が住みよいまちづくりの会」の会報・新年号(NO.71)の二面。会の会員でもある都会議員の畔上三和子さんの新年の挨拶がトップ。「みんなの広場」は北砂の勝野美津子さんが登場。下欄は菊池頌子さによる「健康一口メモー34−」です。

画像
   憲法を暮らしと平和に生かす
              都議会議員 畔上三和子


 新年、あけましておめでとうございます。
 今年は、戦後70年。日本の進路が鋭く問われる年になると思います。あの310万人の日本人、2000万人のアジアの人々の犠牲をもたらした侵略と植民地支配を二度と繰り返さないと憲法fが生まれました。その憲法を暮らしのすみずみと平和に生かせる事が出来るよう全力でがんばる年にしたいと思います。
 また、「高齢者はやっかい者」扱いにするような医療・介護の具体化は、絶対に許すわけにはいきません。みなさんとご一緒に誰もが心から長生きして良かったと思える社会づくりの大きな一歩となる年にしたいと思います。
 本年も、どうぞよろしくお願いいたします。


画像
画像


健康一口メモ 34        
       菊池頌子

寒い時期の
入浴法と外出の勧め



 日中、商店街に出ると数人で散歩をしている高齢の人たちを数多く目にします。防寒の帽子・襟巻・手袋をしっかり着けて杖を持ち、スタイルもばっちり決めて歩いています。晴れの日は散歩で体を動かすと、不眠や便秘の予防にもなりお勧めです。公園ではボケの花が咲き始めメジロもきています。
 寒い時期の入浴では、湯の温度は40〜42度ですが何度にしてますか。高齢者は皮膚の感覚が鈍くなるので、高温の入浴で血圧が急に下がり意識障害にならないよう注意しましょう。また、入浴で皮膚の毛穴が開き、そのまま風呂から上がると、冷たい外気が毛穴から入り体が冷えて風邪を引きます。
 適温で入浴し10分程度湯につかって体を温め、上がる時はタオルを冷水でしぼり体を拭くと、毛穴が閉まり体温が逃げません(足に水をかけても良い)。これで良い睡眠もとれます。ただし、風呂と寝る時間は1時間以上空けること。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
畔上都議 新年の挨拶 「ふくわらいの会」 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる