1911年1月24日 幸徳秋水処刑される 

この日、天皇暗殺未遂と称せられた大逆事件のため幸徳秋水死刑(1871~1911)となる。39歳。明治時代の社会主義運動の主導者。日露戦争に反対。後に無政府主義者に傾倒。著書に「帝国主義」「社会主義神髄」など。

画像
          幸徳秋水の名言

●人は平等なり、婦人もまた平等な人間なり。
●家の繁栄は決して切り取り強盗に依て得べからず。国民の偉大は決して略奪侵略に依て得べからず。文明の進歩は一帝王の専制に在らず。社会の福利は一国家の統一に在らず。唯だ平和なるに在り。
●軍備を誇揚することをやめよ。我は兵営が多数無頼の遊民を産出することを見たり。多くの生産力を消糜(しょうび)することを見たり。多くの有為の青年を蹉跌せしむることを見たり。


リンク】 http://38300902.at.webry.info/201301/article_43.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント