満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京の空襲 1400枚の記録

<<   作成日時 : 2015/01/28 06:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

太平洋戦争末期、東京が焦土と化した米軍による空襲の記録を後世に伝えようと、東京大空襲・戦災資料センター(東京都江東区)が編集した大型写真集が、今月刊行される。(東京新聞1月14日付=奥野斐)

画像
      戦後70年機に写真集
 
 戦時中に警察や軍関係者が撮影した写真のうち、初公開を含む1400点を掲載。センターの研究員、山辺昌彦さん(69)は「戦後70年を機に、遺族の協力でほぼ網羅的に収録できた。体験者の高齢化が進む中、写真が担う役割は大きい」と話す。
画像







      


     東京空襲写真集 20日刊行
 
 「決定版 東京空襲写真集ーアメリカ軍の無差別爆撃による被害記録」(早乙女勝元監修、東京大空襲・戦災資料センター編、勉誠出版刊)は1月20日刊行。A4版約5百n1万2千円(税別)。センターは2月25日〜4月12日に記念写真展、2月28日に後援会を開く。問い合わせは、東京大空襲・戦災資料センター=電03−5857−5631=へ。

画像
    監修のことば】   早乙女勝元
 
 戦後70年という歴史的な節目からは、体験は「歴史」に移行し、あとは追体験に頼らざるを得ません。追体験に必要不可欠なのは、事実に基づく史資料で、特に視覚に訴える写真の有効性は絶大で、今後の歴史・社会、平和教育に、重要な位置を占めるはずです。
 今回、当センターの研究スタッフと、その関係者がまとめた「決定版 東京空襲写真集」は、東京空襲に関するこれまでの全写真をほぼ網羅し、さらに発掘された新資料と、被害の図表や焼失図、統計などを収録した画期的な大冊です。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京の空襲 1400枚の記録 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる